キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > スキンケア > 「日焼け止め」キレイなママの選び方
ec-slide

「日焼け止め」キレイなママの選び方

2013年04月04日 [スキンケア]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

ジェルネイルと紫外線について書いた記事の中で、
UVケア商品のSPFやPAについて少し触れていました。
ジェルネイルと紫外線

 

 

今日は日焼け止めについて改めて
書いておきたいと思います。

 

 

オゾン層の破壊が進んで、地表に届く紫外線も
一昔前より強くなっている昨今、
オールシーズンUV対策は必要といえます。

 

 

日に当たってすぐに気になる「日焼け」はもちろんですが、
キレイを維持したいママとしては「光老化」も
意識しないといけませんね。

 

 

ここで少し紫外線についておさらいしておきましょう。

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【紫外線の種類はUVAとUVB】

 

 

日焼け(サンバーン)を引き起こすのはUVB
これを防ぐ指標はSPF

 

 

真皮まで届いて光老化の原因となるのはUVA
これを防ぐ指標はPA

 

 

ここまではOKですよね。

 

 

それでは、子ども連れでの外遊びも楽しいこれからの季節、
私たちが選ぶべき日焼け止めは??

 

 

いつものドラッグストアにも、
百貨店のコスメフロアにもたくさんのUVケア商品が並び
SPFやPAの値はもちろん、価格もパッケージも
よりどりみどりで迷ってしまいますよね。

 

 

価格やパッケージは予算と好みで
選んでいただくとして(笑)

 

 

それ以前に知っておいて注意しておいてほしいこと。

 

 

 

【紫外線吸収剤か散乱剤か】

 

 

紫外線吸収剤や散乱剤という言葉を
聞いたことがある方も多いと思います。
簡単に整理しておきましょう。

■紫外線吸収剤とは

 

紫外線をお肌の表面で吸収することで
お肌に紫外線が到達するのを防ぎます。

 

吸収剤の成分は合成化合物(ケミカル)が多く、
紫外線を吸収すると熱などのエネルギーに変化させて
お肌の外へ放出します。

 

この時に成分の分子構造が破壊され、その生成物が
アレルギーや炎症の原因となる場合もあるそうです。

化学反応によって紫外線を防ぐものであり、
高いSPF値を出せるのも吸収剤の特徴です。

 

 

SPFが30や50といった高いものはこの吸収剤が
使われていることが多いです。

 

 

ちなみに、お肌への負担があるために、
日本化粧品工業連合会では、
SPF値の最大値が50に定めらています。
※かつてはSPF100なんていうものもあったそうです(汗)

 

 

■紫外線散乱剤とは

 

紫外線を反射して紫外線がお肌に届くのを防ぎます。

 

酸化チタンや酸化亜鉛といった鉱物由来の成分が多く、
これらは化粧品に配合されることもある薬用成分でもあり
多少の塗布は健康上問題ないとされています。

ちなみに、酸化チタンは白色をしていて
ネイルポリッシュの白色成分としても使われたりするもの。

 

 

日焼け止めで白っぽくなったり、重たい感じになったりするのも
これらの成分が原因ですが、お肌に負担は少ないです。

 

 

 

【毎日使いには紫外線散乱剤を】

 

 

ここまでで分かる通り、紫外線吸収剤の入っている
日焼け止めのほうがUVカット効果が強い場合が多いと言えます。

 

 

一方で、お肌への負担が大きいのも紫外線吸収剤。

 

 

ですから、日常使いする日焼け止めは
紫外線散乱剤のほうがオススメです。

 

 

散乱剤が使われている日焼け止めは
「吸収剤不使用」「ノンケミカル」といった表示が
されていることも多いので、一度見てみてくださいね。

 

 

オススメは、前の記事でもあげたとおり
SPF30前後、PA++くらいです。
ジェルネイルと紫外線

 

 

一般的には、日常生活ではSPF20、PA++程度と
言われることが多いですが、あえてここではSPF30。

 

 

ママはゴミ捨てや洗濯干し等の家事でちょこちょこ日に当たるし、
子どもと公園に行くのも日課のようなもの。
一般的な日常生活より、やや紫外線強めの毎日だと思うからです。

 

 

そして、よく言われている通り、数値の高いものを選ぶより、
使うシーンに合ったものをこまめに塗りなおすことが重要ですよ。

 

 

面倒だからといってSPF50を毎日ガンガン
塗ったりするのは止めてくださいね。

 

 

お肌への負担も大きく乾燥しやすくなったり、
専用のクレンジングを使わないと
しっかり落とせなかったりすることもあります。

 

 

 

【気になる子どもの日焼け止め】

 

 

子どもに塗る日焼け止めは何がいいか?

 

 

もうおわかりですよね。

 

 

ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のもの。
SPFやPAは必要最低限の数値のもの。
そして塗りやすく、落としやすいこともポイント。

 

 

子どもは遊びに行きたいから、
お出かけ前にゆっくり丁寧に日焼け止めを
塗らせてなんてくれませんよね(笑)

 

 

洋服や帽子でかわいく日焼け対策をした上で、
どうしても露出してしまうところに日焼け止めを
塗ってあげましょう。

 

 

パパの日焼け対策も忘れずに。
光老化に男女の区別はありませんから。

 

 

いつまでもシワやシミのないパパでいてもらうために、
面倒がってもしっかり日焼け対策をしてもらいましょう。

 

 

家族みんなで日焼け対策をして
楽しいお出かけをしたいものですね。

 

 


↑↑
今年の日焼け止めを買いに行く前に1click♪


コメント

Comment

  1. モンブラン より:

    こんにちは^^

    紫外線が気になる季節ですね~。
    気持ちいいから外に出る機会も増えるし…

    SPFは高い方が安心だけど、
    お肌への負担は大きいんだ><

    子供たちは言っても言っても塗ってくれません^^;
    サッカーだから帽子もかぶれず真っ黒黒。
    困ったもんだ。

    • nico より:

      >モンブラン様

      こんにちは~。
      今日は本当にポカポカで、日焼け日和(?)な1日でしたね。

      紫外線に対しては高いSPFがきいてきますが、
      反面お肌を乾燥させたりしてしまうんですよねTT
      最近は付け心地のよいものが増えているので、
      余計にSPFの高いものを選びたくなってしまいますが。。。

      私も子どもの頃は真っ黒に日焼けしていたし、
      日焼けは元気な証拠みたいでしたが、
      今はそうも言ってられないんですよね~。

  2. のり子 より:

    紫外線・・気になる季節になってきました(;´Д`)

    最近、じ~っくり鏡をみたらシミがぎょうさん増えとったぁ。。
    引き篭り生活やってても出るもんは出ますねえ。。
    いややわぁ。

    Nicoさんは元気でやってるぅ?

    • nico より:

      >のり子様

      コメントありがとうございます!

      じ~っくり鏡と向き合うと、
      シミ予備軍やら毛穴が見えてきて
      「はっっ」と目が覚めます(笑)
      引きこもっていても、日々の買い物やらゴミ捨てでも
      紫外線は浴びちゃいますからね~。

      実は家族みんなで元気じゃなかったんですよ~TT
      息子→旦那→息子ぶり返し(?)の胃腸炎で
      私はその合間に疲れでDown。
      やっと私から復活の兆しでございます^^

      これからもよろしくお願いいたします♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る