キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > 子どもの笑顔はキレイの源 > 子育てについて思う > すくすく子育て「どうつきあう?育児情報」(NHK)を見た(続き)
ec-onbu

すくすく子育て「どうつきあう?育児情報」(NHK)を見た(続き)

2013年04月24日 [子育てについて思う]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

前の記事からの続きです~。
すくすく子育て「どうつきあう?育児情報」(NHK)を見た

 

 

暑苦しい語りが続きますが、
お付き合いいただけると小躍りするほど嬉しいです。

 

 

では、本文どうぞ~。

 

 

 

【自分の判断を信じる勇気】

 

決して独りよがりになっていいということではありません。

 

 

私もしょっちゅう迷うし、
迷ったら子どもを一緒に見ている旦那さんに相談したり
私を育ててくれた母に聞いたりします。

 

 

どちらも私と我が子を良く知っている人だから。
これからは、保育園の先生にも相談するかもしれません。

 

 

もし、頼りにしている人に相談し、
自分が思っていたことと違うアドバイスを受けて迷ったら
それが子どもの安全や健康に影響のないことなら、
私は子どもの顔を見ながら、自分で決めます。

 

※安全や健康に関わることは、
まずはお医者様や専門家に相談しますよ^^

 

 

自分で決めるワケは・・・?

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

自分で決めたら、人のせいにはできないから
しっかり考えて結論を出すようになります。

 

 

ここでネットで調べてみよう、なんて思ったら大変ですよ~。
知らない人は、身近な人よりずーっといろんなことを言ってますから。
ますます迷うこと必至。

 

 

しっかり考えて出した結論がもし間違っていても、
きっとリカバリーできると思っているんです。
安全と健康、元気でいる限りは。

 

 

 

【雑音をスルーする強さ】

 

番組自体は情報や周りの雑音に振り回されがちな
ママさんが多いんだなぁ、という印象でした。

 

 

私は幸い義母がすでに他界しているので嫁姑関係などはなく、
実母も私が聞いた時以外はアドバイスをしないと決めているようで
とっても恵まれていると思います。

 

 

義実家での同居や、口&手を出したい実親さんがいるママさんは
なかなか自分だけで決めさせれもらえないかもしれない。

 

 

私もいつ、誰かが余計なことを言ってくるかもしれない。
子どもが大きくなったら親同士のイロイロもあるでしょうし。

 

 

子どもに責任があり、子どもにとっての最後の砦はママだから、
自分の決断に自信を持って、雑音はスルーする強さを
持てるといいですよね。

 

 

 

【先生からのアドバイス】

 

番組での先生の言葉で、
心に留めておきたいなぁ、と思ったもの。

 

 

育児は科学というより文化に近いもの。
「正解」を求めず自分の判断で
(by 加部一彦先生)

 

 

親として安心できる、
自分の感覚に合う、なども情報の選択基準に
(by 大日向雅美先生)

 

「どうつきあう?育児情報」すくすく子育て(NHK)

 

 

人に迷惑をかけず、自立して生きていく力のある大人になるよう
短期決戦の子育てに全力をつくしたいNicoなのでした。

 

私の子育てバイブルはこちら
お嫁様は宇宙人

 

 


↑↑
ママと子どもの笑顔に1click、応援ありがとうございます♪


コメント

Comment

  1. たんたん より:

    こんばんは、たんたんと申します。
     
    子育てって難しいですよね。
    私のところは、5歳の女の子と2歳の男の子、二人なのですが、
    以前は確かに、わが子の成長と他人の子の成長を比べてましたね。
     
    個人差があるのはわかってるんですけど…。
     
    でも、今は気にならなくなりましたね。
    やっぱり、子の成長もそうですが、親の成長が大きく影響しそうな気がします。

    • nico より:

      >たんたん様

      こんばんは♪ コメントありがとうございます。

      たんたんさんのお子様は、女の子と男の子なんですね。
      女の子も、可愛いんだろうなぁ。

      私も息子が周りの子よりあまり言葉がでないので、
      ついつい気にしてしまうこともあるのですが(^^;

      「親の成長」の影響、大きいと思います~。
      私や旦那さんの接し方1つで、ご飯の食べ方まで変わるくらい
      子どもって敏感なものですもんね。

      これからもよろしくお願いいたします^^

  2. ゆーみん より:

    Nicoさん
    はじめまして^^

    >私は子どもの顔を見ながら、自分で決めます。

    なるほどです。

    Nicoさんて、
    子どもさんは、確か1人目なんですよね。
    なのに、ここまでしっかりした考えを持って
    子育てされてるのに、すごく感動しました!

    だって私なんか、1人目の時は、
    おろおろしてばかりでしたから・・・

    前の記事に書かれてましたが、

    >我が子に対するアンテナの精度を上げること

    これは、私も大事なことだと思うんです。

    ただ、子の母として、感覚的に
    「こうしたらいいんじゃないか?」というのがあっても、
    世間の常識とか、医学的見地とか、長年の経験とか、
    そういうのと照らし合わせて、食い違いが生じることって
    けっこうあるんですよね~

    その時に、

    >雑音をスルーする強さ

    が大切なんですね。

    「先生からのアドバイス」、とっても素敵ですね。
    もっと早く知っておけばよかったです。
    子育ては、肩の力を抜いて楽しくやるのが一番ですよね。

    • nico より:

      >ゆーみん様

      こんばんは♪ コメントありがとうございます~。

      しっかりしているなんて言われると、なんだか背中がムズムズします(笑)
      まだ子どもは1歳になる前、ママ友ちゃんと一緒に遊んでいたとき、
      「子育て情報通」とされていた情報収集大好きなママが
      意外にも「トンデモ情報」に振り回されていたりしたんですよね。

      新しい情報が必ずしも正しいわけではないし、
      たくさん情報を集めるよりも、信頼できる人に相談して
      我が子を見ながら考えることが大切だと思うようになったきっかけかもしれません。

      子どもが安全で健康でいられれば、
      また、どういう風に育って欲しいかがちゃんと描けていれば
      それに向かう道筋はまっすぐでなくても良いと思ったりします。
      親子にとって心地よく楽しい毎日が送れる子育てをしたいですよね。

      これからも、よろしくお願いいたします^^

  3. Nicoさん、こんばんは^^
    初コメント、お邪魔させていただきます。

    わたしには子どもがいないので、Nicoさんはじめ「親」である諸先輩がたを尊敬しています。
    いい年なので、親しい友人もすでに子の親になっている人が多いのですが、今の時代に子育てをしている人を大変だなぁと思うのは、今は子育てにしろ、何にしろ、情報が溢れすぎているということです。

    >雑音をスルーする強さ
    というのは、今の時代、溢れすぎている情報を、逆に勇気をもってスルーする、という意味でもあるのかなと、僭越ながら思いました。
    それは、現在では誰しもに必要なスキルであると思うのですが、その情報に振り回された結果、自分(親)だけでなく、まだ自分で情報の取捨択一がむずかしいお子さんに及ぶわけですものね…。

    ちょうどNicoさんとこの息子さんと同じ年頃の娘さんを持つ友人を見ていると、本当に今の時代の親御さんは、簡便に情報が手に入る反面、その情報の真偽を見極める・また正しかったとしても、自分たちにとって必要なのかという判断力が必要になっている、また新たに難しい時代なのかなと思ったりします。

    長文でまとまってなくて、すみません。
    なかなかお時間とれないかもしれませんが、ブログの更新もこっそり楽しみにしてます^^

    • nico より:

      >スギハラ食堂様

      こんにちは~、コメントありがとうございます。

      >溢れすぎている情報を、逆に勇気をもってスルーする、
      >という意味でもあるのかなと

      おっしゃる通りです。
      いろいろ考えて出した結論や信念であっても
      溢れすぎる情報に触れるとゆらぎそうになることがあります。
      これと決めたら、あえて目をつぶるというか、
      見て見ぬふりをしてスルーすることが必要な気がします。

      ちょっと入ったカフェで、同年代のママ同士が
      おしゃべりしているのと聞くと
      「おーい、それって大丈夫?」と思うことがあります。
      ネットやSNSで見聞きした噂レベルの情報を
      あたかも新しい常識のように話していたり。

      振り回されず、我が子のペースで子育てしたいものです。

      こちらこそ、またお邪魔させていただきます^^

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る