キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > ストレス解消に甘いものは逆効果!

ストレス解消に甘いものは逆効果!

2013年03月05日 [キレイになる話]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

こんにちは。
昨夜あまり眠れなかったせいか
昼過ぎから眠気と戦い続けているNicoです。

 

さて、今日はショックなことを知ってしまったので
皆さんにもシェアしたいと思います。

 

それは・・・。
「疲れた時に甘いものを摂るのは逆効果である」ということ。

 

えっっっ。
ファスティング(断食)なんかをやっているから
普段も規則正しくストイックな食生活をしているかというと、
それはとんでもない誤解です(汗)
ストレスや疲れで気晴らし食いという名の過食傾向
陥ることが多いからこそ、それをリセットするために
ファスティング(断食)を取り入れている、というほうが正解の私。

 

当然のように、疲れた時や高ストレス状態になると
甘いものに手が伸びます。はい(汗)

 
 
【なぜ疲れると甘いものが欲しくなるか】

 

疲れると甘いものが欲しくなるのは「脳が欲しているから」です。
勉強や仕事で頭を使った後は、血中のブドウ糖が不足します。
脳はブドウ糖を消費することで働いてくれるので、
甘いものが食べたくなるのは脳から信号が発せられるからなんです。
イライラしたりストレスを感じた時も同じですね。

 

【なぜ甘いものが逆効果なのか】

 

タイトルに挙げたように、
脳が欲するままに甘いものや脂肪分を摂りすぎると、
逆に疲れが増すという悪循環を引き起こすことがあるというのです!

 


↑↑ ポチっと応援していただけるととても嬉しいです♪


 

なぜか?
 
アンチエイジングサイエンスの白澤卓二博士によると、
仕事の忙しさやプレッシャーが慢性的な疲労につながり、
身体機能にも影響を与えることがあるそうです。
「身体的な影響」とは、解毒作用を司る肝臓が機能低下を起こし、
体内のデトックスがうまくいかなくなることを言います。

 

肝臓と言えばアルコールというイメージがありますが、
砂糖や脂肪の摂りすぎも肝臓に影響を与えます。
ですから、甘いものでのストレス解消は
疲れる⇒甘いものを摂る⇒肝臓機能低下⇒さらに疲れる
というこの上なくお肌にも悪そうなスパイラル
陥ってしまいやすいのです。

 

このスパイラルにはまる前に、
栄養バランスの良い食事や適度な運動、休息といった
基本のキである健康的な生活を取り戻したいものですね。

 

簡単にできるストレス解消法としては

・音楽鑑賞
・コーヒーや紅茶
・親しい友達との会話
・自然と触れ合う(散歩等)
・チョコレート(一口だけ)

などがあげられます。
「チョコレート」甘いものですが・・・。
少量のブラックチョコレートはストレスホルモンの度合いを
緩和してくれるため、すぐに気分を改善する効果のあることが
科学的に明らかになっているそうです。
あくまでも少量。食べすぎないようにするのが、大切ですね。

 

眠気と、すでに若干食べすぎてしまった(苦笑)疲れを
帰宅するまでに吹き飛ばし、
子どもに笑顔で「ただいま」を言いたい私。
帰りにほんの少しだけチョコを買い、
駅から家までの3~4kmをバスでなく徒歩で帰ろうと思います♪


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る