キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > 大人のメイク > ベビーパウダー、実はメイクアイテムとしても優秀なんです。
ec-brush

ベビーパウダー、実はメイクアイテムとしても優秀なんです。

2013年04月15日 [大人のメイク]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

ベビーパウダーといえば赤ちゃんのあせもや
オムツかぶれを防ぐのに使うアイテム、という
イメージがあります。

 

 

最近では、細かい粉を吸い込むんだり
毛穴を防いでしまうから
使わないほうが良いなどという情報もあったり。

 

 

ベビーパウダー1つとっても賛否両論で
新米ママは使って良いものかどうか、
迷うところですよね。。。

 

 

赤ちゃんに使うかどうかはママにの判断に任せるとして、
今日は「ママもベビーパウダーを使っちゃおう」というお話。

 

 

実は、ベビーパウダー、
コストパフォーマンスに優れたメイクグッズとして
ママが使うのもオススメなんです!!

 

 

さて、その使い方とは・・・?

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【ベビーパウダーの成分とは?】

 

ベビーパウダーは、主にタルク
コーンスターチからできています。

 

 

■タルク

 

滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末で、
これ自体に吸水性はありません。

 

 

ベビーパウダーのほか、ファンデーションやボディパウダー、
アイシャドウや口紅にも使われているもの。

 

 

お肌に乗せると、タルクの粒子によって表面積が増し、
毛細管現象によって余分な水分を吸い上げて飛ばしてくれます。

 

 

■コーンスターチ

 

その名前のとおり、トウモロコシから取れる植物デンプンです。

 

 

高い吸水性をもち、余分な水分を吸収するとともに、
乾燥すると水分を放出してくれる性質があるので
水分のバランスをキープしてくれます。

 

 

【ベビーパウダーの効果】

 

タルクもコーンスターチも
粒子が細かく、とてもすべりの良いものなので
お肌につけるとサラサラ、すべすべの手触りになります。

 

 

赤ちゃんのお肌は特に柔らかく、摩擦にも弱いので、
ベビーパウダーをつけることによって
お肌同士や衣類との摩擦を減らしてあげることができるわけです。

 

 

同時に水分を奪いすぎずに表面をさらさらに保つので、
あせもやオムツかぶれを防いでくれるんですね。

 

 

赤ちゃんだけでなく、大人でも
シャワー後やスポーツの前後、
パパのヒゲ剃り後などにも使うのもオススメなんですよ。

 

 

私が小さかった頃、お風呂上りには
それこそ大福みたいに真っ白になるくらい「天花粉」を
はたいてもらっていた記憶があります。

 

 

吸い込むといけない云々は、
一時その成分である滑石にアスベストが混入していたという事件が
あったことから来ているようです。

 

 

今では安全基準が設けられているので、
国内で製造販売されているベビーパウダーは安心して使うことが
できるとのこと。

 

 

【ママのメイクアイテムとして】

 

さて、いよいよママのメイクアイテムとしての使い方です。

 

 

■仕上げ用パウダーとして

 

成分や手触り、その効果を見てみると、
まさにフィニッシングパウダーにぴったりだと思いませんか。

 

 

皮脂を吸着し、水分のバランスをキープ、
さらにお肌の表面をサラサラすべすべにしてくれるベビーパウダー、
いつものパウダーの代わりに1度使ってみては?

 

 

■チークの後に

 

チークを入れたあとに
「うわ、ちょっと濃すぎたかも」ということ、
ありませんか?

 

 

私はよくあります(汗)

 

 

照明を全部つけていなくてメイクしている場所が暗かったり
眠気と戦いながらメイクしたりすると特に。。。

 

※メイクはしっかり目を覚まして
自然光に近い明るい場所でしましょうね。

 

 

そんな時、チークの上からベビーパウダーをONしてみましょう。
ふんわりベールがかかったようになりますよ。

 

 

■お休みの日のファンデ代わりに

 

メイク下地、日焼け止めの後に、お粉で仕上げるくらいの
軽いメイクですごしたい日。

 

 

お粉の代わりにベビーパウダーでも大丈夫。
BBクリームにベビーパウダーでも良いですね。

 

 

カバー力はありませんが、
薄づきで軽い仕上がりですし、お肌にも優しいです。

 

 

【オススメのポイントはコストパフォーマンス】

 

仕上げ用のパウダーって、意外にお値段するものが多いですよね。

 

 

ベビーパウダーはたとえば
160g入って300円そこそこで手に入ったりします。

 

 

もともと赤ちゃんの汗をかきやすい部分やお尻などの
広い面積に使うものなので、
たくさん入ってお安いのは当たり前かもしれませんが。。。

 

 

パフを使い分けたり、
市販のパウダーケースに詰め替えておけば
リーズナブルなママ用仕上げパウダーとして
便利に使えそうです。

 

 

ぜひ、お試しあれ~。

 

 

【参考】
シッカロール〈ベビーパウダー〉 商品特長(和光堂)
↑↑
粉ミルクやベビーフードでおなじみの和光堂のページです。
シッカロールの歴史などの面白いコンテンツもあるので
興味のある方は読んでみてね(^^)

 

 


↑↑
ベビーパウダーの意外な使い方に1click♪


コメント

Comment

  1. のあお より:

    Nicoさん、こんばんわ~。

    コメントありがとうございました。

    ベビーパウダーって赤ちゃんだけのものじゃないんですね~。

    水分バランスを良くしてくれるっていう
    効果がいいですね(*^_^*)

    私は、男なのでお化粧はしませんが、
    髭剃り後につかってみようかなぁと思いました(^^♪

    丁度、姉に赤ちゃんが生まれたので、
    ちょっと拝借して、一度挑戦してみたいです(^o^)

    • nico より:

      >のあお様

      こんばんは~。コメントありがとうございます^^

      お姉さまのベビちゃん誕生、おめでとうございます!

      ぜひベビちゃんのパウダーを少ーし借りて
      試してみてください(^^)
      赤ちゃんにもOKなベビーパウダーだから
      よほどの敏感肌やアレルギーでなければ、
      お肌への負担も少ないんじゃないかな、と思います。

  2. ゆー坊 より:

    こんばんわ^^

    チークの塗りすぎ。。。
    あるあるw

    今まで考えたことなかったな〜。

    もともと私はベビーパウダーの隠れファンで
    夏の外出時に腕とかにはたいてるんです。

    紫外線対策のつもりw

    今度メイクにも活用してみますねヽ(´ー`)ノ

    • nico より:

      >ゆー坊様

      こんばんは♪

      チークの塗りすぎ、やっぱりありますか(笑)

      前からベビーパウダー使ってらっしゃったんですね。
      私は仕上げパウダーを切らしたときに
      「あ、あれ使えるんじゃない?」と思って
      子どものを拝借したのがきっかけでした(^^;

      粒子が細かくってさらさらなのがいいなぁ、と。
      汗をかきやすい首まで使えるので、便利に活用しています^^

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る