キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > アンチエイジング > 黄ぐすみの原因、糖化だけでなく「カルボニル化」にも要注意
ec-oil

黄ぐすみの原因、糖化だけでなく「カルボニル化」にも要注意

2013年04月12日 [アンチエイジング]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

お肌の老化に関する言葉で
「酸化」を知らない方はいないでしょう。
活性酸素によってお肌が老化していくことですね。

 

 

「糖化」も最近はよく聞く言葉になってきました。
このブログでも、「桜の美容効果」について書いた記事で
触れたことがあります。
春は桜、タンポポでキレイになる

 

 

では、「カルボニル化」はいかがでしょうか?
これは黄ぐすみに関係する現象です。

 

 

「糖化」も黄ぐすみを起こす現象ですが、
「カルボニル化」のほうがより強い黄ぐすみを起こすそうです。

 

 

強い黄ぐすみの原因となる「カルボニル化」とは
いったい何なのでしょうか?

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【黄ぐすみって何だっけ?】

 

本題に入る前に、「黄ぐすみ」について確認しておきましょう。

 

 

黄ぐすみといえば、その言葉どおりお肌が黄色くくすむこと。
何となく「紫外線の影響」や「色素沈着」、
「血行不良」が原因のように思っていませんか?

 

 

もちろん、「色素沈着」や「血行不良」も黄ぐすみにつながりますが、
それよりもっとお肌の深いところにも原因があるんです。

 

 

お肌の深いところといえば「真皮」ですよね。

 

 

「糖化」や「カルボニル化」が起こると、
真皮が黄色く変色し、それが黄ぐすみとなってしまいます。

 

 

【糖化とカルボニル化の違い】

 

■糖化とは

 

糖化は、体内の糖質が酸化し、
真皮のたんぱく質と結合してしまうことを言います。

 

 

こうしてできた最終糖化生成物(AGEs)が褐色をしているため
黄ぐすみを起こしてしまうんですね。
「お肌がコゲる」とも言われます。

 

 

■カルボニル化とは

 

一方カルボニル化は、脂肪分解物が真皮のたんぱく質と
結合してしまうことを言います。

 

 

カルボニル化が進んだ黄ぐすみは、
糖化によるものよりも黄色度が強くなります。

 

 

【カルボニル化を防ぐには】

 

カルボニル化の原因は、酸化の原因とほぼ同じで
・紫外線
・ストレス
・タバコや環境汚染物質
などとされています。

 

 

また、加齢によって体内に鉄が蓄積することも原因と言われます。
40代以降になると、どうしても体内にカルボニル化した
たんぱく質が多くなってしまうのは避けられないそう・・・。

 

 

避けられない部分はともかく、
日々の生活でカルボニル化を最小限に抑えたいもの。

 

 

具体的な対策は?

 

 

■紫外線対策

 

これからの時期は特に、しっかりUV対策を万全にしましょう。
日焼け止めの選び方はこちらの記事をご覧くださいね。
「日焼け止め」キレイなママの選び方

 

 

■お肌の皮脂対策

 

皮脂が紫外線を浴びると酸化してカルボニル化につながります。

 

 

注意していただきたいのは、
皮脂を抑えるケアだけではNGということ。

 

 

お肌が乾燥すると余分な皮脂を分泌することがあります。
しっかり保湿して皮脂と水分のバランスを保つことが大切です。

 

 

■活性酸素の影響を最小限に

 

酸化もカルボニル化も、
活性酸素によって引き起こされます。

 

 

抗酸化作用のある酵素やビタミン等を積極的に摂りましょう。

 

 

フルーツやナッツ、野菜などからバランスよく摂りいれるのが
理想的ですが、ドリンクやサプリも賢く利用してくださいね。

 

 

酵素ドリンクは、多様な果物や野菜の酵素が含まれており、
抗酸化作用とともにトラブルを跳ね返す肌力作りにオススメです。

 

 

プラセンタも取れて美肌効果抜群の酵素ドリンクはこちら
プラセンタ配合の酵素ドリンク 効果体験レポート

 

 

実は豆乳に含まれる大豆イソフラボン
抗酸化力に優れていることをご存知でしたか?

 

 

さらに大豆にはビタミンEも豊富なので、
アンチエイジング効果もばっちりですね。

 

 

シルクペプチドやコラーゲンも入った
女性にぴったりの豆乳はこちら
しみ込む豆乳飲料の感想

 

 

加齢による黄ぐすみをナシにすることは難しく、
どうしても年とともに気になってくるもの。

 

 

できるだけ早い時期から黄ぐすみ対策をしておきましょう。

 

 

5年後、10年後に撮る写真、
今と同じ肌色で写っていられればいいなぁ。

 

子どもは健康的な肌色で、
私は今より色白で、を目標にしたいと思います(笑)

 

 


↑↑
1clickで酸化も糖化もカルボニル化も飛んでいけ~~(笑)


コメント

Comment

  1. ゆぅひまま より:

    Nicoさん、こんばんわ☆

    カルボニカル化なんて言葉初めて聞きました!!
    活性酸素が原因なんですね(;´Д`)
    食べ物から抗活性化出来るのが理想だけど、
    やっぱりサプリなんかに頼っていかないと、
    追いつかない感じになってきてしまいました(汗)

    5年後、10年後の肌のために、今、しっかり
    ケアしていかないとダメですね☆
    絶対、後悔したくないですもん(・∀・)!!

    • nico より:

      >ゆぅひまま様

      こんばんは~。
      コメントありがとうございます!

      カルボニル化、私も最近知った言葉です。
      「○○化」ってこれからもどんどん
      新しい言葉が出てくるんじゃないかしら。。。(^^;

      5年後、10年後、
      子どもが学校に通う時期にこそ、
      キレイなママでいたいですよね♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る