キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > たるみに効く表情筋トレーニング

たるみに効く表情筋トレーニング

2013年02月24日 [キレイになる話]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

「顔グセ」という言葉、聞いたことありますか?

 

「顔グセ」とは、顔の筋肉のアンバランスな動きグセのことを言います。
たとえばものを食べる時に片方ばかりで噛んでいたり、
メガネをかけているために目の周りの筋肉をあまり動かさなくなっていたり。
毎日の生活の中で表情筋の動かし方がアンバランスになっていると、
それらの筋肉が発達不均衡になってこり固まってしまい、
思うように動かなくなってしまうんですね。

 

ここまでは「なるほど~」という感じですが、
この顔グセ、年齢とともに顕著になり、顔のタルミやシワの原因
なってしまうそうなんです!!
なぜ年齢とともに顕著になってしまうのか?
 
それは、若いうちは顔の表情筋がすべて元気に働くのに、
年齢とともに重力に逆らわず、楽な動き方になってしまうから。
顔には14種類の表情筋があるのですが、
日本人は欧米人に比べて特に口元の筋肉が弱いそうです。
⇒表情筋については「あなたの悪い顔グセ直します!」に詳しく載っています。

 

口元の筋肉が弱いということは・・・。
口元にタルミやシワができやすいということ。
口角が左右対称にあがらないと皮肉屋っぽい印象になりますし、
笑ったり話したりするときに下の歯が見えると品がなく、
また腹話術人形のようなマリオネットラインと呼ばれるシワが
できたりしてしまいます。

そうならないようにするには、表情筋の動きを意識し、
口元の筋肉を柔軟にすることが大切。
体のストレッチと同様に、顔の表情筋もトレーニングで変わります!

トレーニングのポイント
・短時間(5分程度)で良いから、とにかく毎日続けること
・TVを見ながら、お風呂に入りながらの「ながら」トレーニングでOK
・顔がポカポカするまで行うこと
「あなたの悪い顔グセ直します!」より

 

私が今特に気になっているのは頬からアゴのライン。
ネイルの仕事って基本的に下を向いているので、
どうしても顔が下がってきやすいし、首にシワが入りやすい。
鏡を顔の下において、自分の顔を見たこと、あると思いますが
びっくりするほど老けて見えますよね。
(子どもはこの老けた顔を見てることが多いということに・・・:汗)
逆に自分の顔より上に鏡を掲げて顔を映すと、
タルミが消えてみえるから、5~10歳くらい若く見えませんか?
目標はその、鏡を見上げたときの顔!

いざ、トレーニングです。
「あなたの悪い顔グセ直します!」にも載っている、
頬からアゴにかけてのトレーニングを簡単にまとめてみました。

(1)上の歯だけを見せたまま「イエイエ……」と言えるか確認。
 →できない場合、下あごを使って話すクセがあるので、
  頭とあごを押さえて練習。
(2)頬骨に手を当てて、頬の肉を上下左右、
 いろいろな方向に剥がすように揉む。
(3)頬骨に4本の指を当て、
 強めの力でぎゅーっと押す。(年齢×3回!)
(4)親指をあごのライン、人さし指を法令線のラインに合わせ、
 頬の肉を下から囲み、そのまま目尻の位置まで持ち上げる。
(5)親指をあごの下に置き、人さし指はあごの上に置いてはさみ、
 そのまま耳の下までグイッと引き上げる。

 

(4)と(5)は、肌をこすってしまうので、
素肌ではなくマッサージクリームなどをつけて行うほうが良いと思います。
お肌を強い力でこすると、デリケートな肌表面や毛細血管にダメージを与え、
今度はお肌のタルミやシミの原因になってしまう可能性もあるのでご注意を。

 

この他にも表情筋のトレーニングは
書籍やWeb検索でもいろいろヒットしてきますので、
とっつきやすいものを見つけて続けてみてはいかがでしょうか。
普段動かさない、意識していないところなので、
ほんの少し意識を向けるだけで、短時間で効果が現れるはずです。


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る