キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > スキンケア > ガッテン塗りの正しい方法、3つのポイントとは?
ec-cleansing

ガッテン塗りの正しい方法、3つのポイントとは?

2013年04月20日 [スキンケア]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

ガッテン塗り

 

 

美容好きの方にはもうおなじみの言葉ですよね。

 

 

私もニベアの青缶のイメージとともに
洗顔後、いきなりクリームを塗るスキンケアだと
思っていました。

 

 

そんなんで、本当にお肌の水分量があがるの??

 

 

ずっと疑問に思っていたのですが、
今のスキンケアに満足しているせいか
特に調べることもないままになっていました。

 

 

これでは「わからないことはすぐに調べる!」という
私の主義に反する、ということで
今さらですが、改めて調べてみましたです(笑)

 

 

カサカサがプルプルに!素肌力劇的アップ秘技
(ためしてガッテン – NHK)

 

 

そうしたら。。。
ニベアの青缶をいきなり塗るなんてどこにも書いてない!!
※後日、実際にニベアでガッテン塗りも試してみました。
ニベア青缶でガッテン塗りを試した効果と感想

 

 

「ガッテン塗り」に秘められた、
お肌の水分量をUPさせる正しい方法とは・・・。

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【お肌の水分量をUPさせる3つのポイント】

 

(1)こすりすぎない

 

(2)1日2回保湿する

 

(3)時にはお手入れをお休みする

 

 

意外に当たり前のことばかりだと思いませんか?

 

 

番組で89歳のおばあちゃまに水分量で負けてしまった
美容マニアさんは、ゴシゴシ洗顔した上に、
化粧水の後、何もつけていなかったんだとか。

 

 

そりゃぁ、乾燥するでしょうよ、と思いました。

 

 

 

【その1:「こすりすぎない」ことの大切さ】

 

番組ホームページに
「肌はちゃんと死んでいることが大事」という
なかなかショッキングな言葉が出ています。

 

 

これは、お肌の角質層のお話。

 

 

表皮の最下部で作られた細胞は、
最初は生きていますから「核」があります。

 

 

その細胞が表皮の上に押し上げられてくる
ターンオーバーの過程の中で「核」が抜け落ちて
細胞としては死んでいくのですね。

 

 

「核」が抜け落ちて細胞が死ぬことを「脱核」などとも言います。

 

 

これがとても重要で、「脱核」するときに
お肌のうるおいを保持する細胞間脂質のもととなる
「セラミド」が放出されるのです。

 

 

ゴシゴシ洗顔でお肌をこすりすぎると、
お肌は摩擦によってダメージを受けます。
酷い場合には炎症を起こす可能性もありますね。

 

 

お肌は刺激を受けると、自分自身を守ろうと
表皮の角質をどんどん増やそうとします。

 

 

するとターンオーバーが追いつかないので、
脱核しない未熟な細胞が増えてしまうということになります。

 

 

未熟な細胞は敏感なばかりでなく、
脱核時のセラミド放出をしてくれないので、
お肌はますます乾燥し、敏感な状態になってしまうのですね。

 

 

 

【その2:保湿は1日2回】

 

朝はさっぱりしたいから化粧水だけでいいや、なんてNGですよ。

 

 

化粧水を十分すぎるほど与えても
乳液などでフタをしてあげなければ逆効果になります。

 

 

一時的に潤ったように感じるかもしれませんが、
化粧水が蒸発する時に、本来お肌に残るはずの水分まで
一緒に蒸発してしまうのです。

 

 

かえって乾燥を招いてしまうのですね。

 

 

だからといって、化粧水なしでいきなりクリームを
「ガッテン塗り!」というのも考え物。

 

 

これは健康なお肌の方であっても、合う合わないがあると思います。

 

 

基本は、化粧水→(美容液)→乳液(またはクリーム)という順番。

 

 

化粧水には水分を補うとともに、
その後につける美容液や乳液の有効成分が
お肌に浸透するための道筋を作る役割があります。

 

 

お肌は乾燥するとかたくなる性質がありますので、
水分を与えて柔軟にすることで、有効成分は浸透しやすくなります。

 

 

もちろんメーカーによって違うこともありますから、
ご自分の化粧品の使い方を確認してくださいね。

 

 

 

【その3:ときにはお手入れをお休みする勇気を】

 

お仕事もお休み、明日は1日おうちでゆっくり~、という日、
ぜひお手入れをお休みしてみましょう。

 

 

すっぴんのお肌を鏡で見て、手で触って、
お肌の状態をしっかり確認することも大切です。

 

 

意外に乾燥していないかも。
あるいは想像以上にカッサカサかも(汗)

 

 

私はこれを知る前から、
時々お休みの前日にお手入れをお休みしていました。

 

 

なんとなく、お肌が「今日はお休みして~」と言っている
気がする夜があるんですよね。

 

 

翌朝のお肌状態で、自分のお手入れを見直すことができます。

 

 

スキンケアって、ともすればアレもコレもと「足し算」しがちですが、
お手入れをお休みする日を作るようにすると、
「引き算」ができるようになります。

 

 

自分のお肌に過不足のないお手入れ
長い目で見て肌力を維持(+向上)することにつながりますし、
時間的にも経済的にも節約になる(笑)と思いませんか?

 

Nicoが愛用するただ1つの美容液がこちら
植物性成分で肌力をUPさせてくれるI’m PINCH

 

 

というわけで、今日はガッテン塗りの真実は
安易にガッテン塗りするのではなく、
基本のケアに立ち返ること、とうお話でした。

 

 


↑↑
参考になりましたら1click応援よろしくお願いします♪


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る