キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > キレイに効く食材 > たまねぎ氷 効果と作り方
ec-frozenonion

たまねぎ氷 効果と作り方

2013年03月12日 [キレイに効く食材]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

たまねぎ氷、テレビやネットで話題になったりしていたので
聞いたことある、という方も方も多いのではと思います。
私も名前は聞いたことありましたが、
改めて効果や作り方を調べてみたのでご紹介。

 

【なぜ氷にするのか?】

 

たまねぎは皮をむかなきゃいけないし、
刻むと目にしみるし、毎日使うには調理が少し面倒ですよね。
氷にする前に加熱しますが、
この工程で目にしみなくなるとともに、臭いも消えます。
ミキサーにかけることで刻む手間がはぶけ、
ケルセチン等の栄養が吸収されやすい状態になります。
さらに、加熱して凍らせることでオリゴ糖が増えて甘みが増すそうです。
ピューレにして凍らせるので食べた量がわかりやすいですし、
凍らせる前の状態なら冷蔵庫で1週間、
凍らせてしまえば、なんと1ヶ月保存がききます。
玉ねぎ自体の食感を楽しみたい場合は別ですが、
たまねぎの栄養を摂るという点、保存の点から考えると、
生のままより氷にしたほうが使いやすいといえますね。

 

手軽にどこでもお安く買えるたまねぎ、
実は健康と美容にとてもとても効果が高いんです。
アンチエイジングのキーワード
「抗酸化作用」という点でもかなりの優等生。

 

 

ここで、先へ進む前に、少し注意していただきたいことが・・・。
玉ねぎを摂りすぎると体臭が臭くなる場合がある
 ↑↑
我が家でちょっとした事件になったというお話

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【たまねぎ氷:栄養と効果】

■イオウ化物(刺激成分)
たまねぎを切ると鼻にきたり涙の出る原因となる成分ですが、
血液をかたまりにくく、血流をよくする効果があります。
また、血中の脂質を減らしたり、消化液の分泌を助ける効果もあり。
ビタミンB1の吸収を助けてくれるので、
疲労回復や肌荒れにも効果があります。
カルシウムの吸収を助ける効果もあるそうです。

↑↑
この成分は、水にさらすと溶けだして効果を失うので
加熱して氷にするとあまさず摂取することができますね。

■オリゴ糖(甘み成分)
このブログでも何度も登場しているオリゴ糖。
ご存じのとおり、整腸作用ですね。
乳酸菌の働きを活発にし、便秘の解消や予防に役立ちます。
食物アレルギーや鼻炎などにも効果があるので、
この時期花粉症の方はしっかり摂取したいですね。

■フラボノイド(色素成分)
黄白色のもとになっている色素。
毛細血管を丈夫にし、血圧の上昇を抑えてくれます。
高い抗酸化作用、血糖値の上昇を抑える作用や
抗ウイルス、抗ストレス作用もあることが報告されているそうです。

■セレン(ミネラル)
活性酸素を除去する強い抗酸化作用がありますので
老化の防止に役立ちます。
免疫機能を高めたり、肩こりや腰痛、冷え症の改善にも
効果があるそうですよ。

■ケルセチン、グルタチオン酸(ポリフェノール)
いずれも抗酸化力にとても優れています。
特に血中の活性酸素を取り除く効果が高いので、
血流を改善したり血管を強くしてくれることがわかっています。
何より、お肌のトラブルにも効果が期待できますね。
・グルタチオン酸はシミやくすみを薄くし、
 肌荒れや老化の防止に効果的。
・ケルセチンは腸内にたまる脂肪を排出し、
 肥満防止に役立ちます。

血管年齢が若返るので、動脈硬化の予防になるのはもちろん、
メタボリックシンドロームや認知症を防ぐ効果もあります。
たまねぎ氷を4ヶ月間摂取し続けた人たちは、
ほぼ全員で血管年齢が10~20歳若返ったという実験結果もあるそうです。
【作り方と摂取量の目安】

 

■たまねぎ氷の作り方

 

[材料]たまねぎ4個(正味1kg)
→ たまねぎ氷1kg(製氷皿2~3枚)

[作り方]
1.たまねぎの皮をむいて上下を切り落とす
2.ポリ袋に入れて口を開けたまま耐熱皿にのせ、
レンジ(600W)で20分加熱
※袋の口を閉じると破裂するので注意
3.汁ごとミキサーに移し、水1カップを加えてピューレ状になるまで回す
4.冷ましてから製氷皿に入れ、フタをかぶせて冷凍します

凍った後は製氷皿から取りだしてジップロック等に入れて
保存すればOK。離乳食のおかゆみたいですね。

 

■たまねぎ氷を摂る目安

 

1日に3個ずつ。
摂りすぎを気にする必要はないそうです。
味噌汁やカレー、納豆に入れたりドレッシングにしても良し。
意外な感じもしますが、ヨーグルトに入れても美味しいそうですよ。
また、コクが出るので料理の調味料を減らしても美味しくできるとのこと。
栄養成分の効果に加え、調味料を減らして減塩できれば
さらにムクミを改善したりすることができそうですね。

 

こんなにいろいろな効果があるたまねぎ氷。
さっそく作ってみてはいかがでしょうか。
私は前にも書いたとおり、玉ねぎを食べるととても体温があがり、
寝ているだけでも汗をかくほどなので、
あとに臭いが残らないたまねぎ氷はとても便利。
冬のダイエットにはスープをどうぞ。
あ、でもたまねぎ大好きな子どもは
氷にしてしまうときっと分からなくなってしまうので、
やっぱりそのままのタマネギも必要かな・・・(^^;

 

作るのが面倒な場合は、お取り寄せでも。
↓↓
  

 

 


↑↑
応援の1click、ありがとうございます♪


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る