キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > まつげ美人になりましょう

まつげ美人になりましょう

2013年02月27日 [キレイになる話]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

私、まつげエクステの講師資格ももっていたりします。

 

最近ではまつげエクステによる健康被害の報道も多く
コンプライアンスに関してうるさくなっているので、
新規のお客様の受付などは行っていませんが。。。

 

まつげに関しては、エクステ派、付けまつげ派、
はたまた自まつげにマスカラ派と好みはわかれると思いますが。
基本はやはり美しい自まつげですよね。
特にこれから花粉の季節に入りますので、
花粉症の方はエクステや付けまつげがストレスになる場合もあり、
この時期だけはお休みされる方もいると思います。
また、夏はプールや海などでまつげメイクが取れやすかったりもします。
そういうシーズンに入る前に、自まつげを育てておきましょう!

 

まつげ美人になるには、
・キレイなまつげを育てること
・まつげにダメージを与える習慣をやめること
が大切です。

 


↑↑ ポチっと応援していただけるととても嬉しいです♪


 
【キレイなまつげを育てる】
 
健康なまつげを育てるために様々な美容液などが出ていますが、
まずは身体の中から、まつげを育てていきましょう。
毎日の食生活、生活習慣からのまつげ育成です。
※これはそのまま美髪&美爪の育成にもなりますよ(^^)

・良質なたんぱく質を摂る
 毛といえば海藻を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、
 髪の毛もまつげも実は「ケラチン」というたんぱく質でできています。
 「ケラチン」は皮膚の角質層を形成するたんぱく質で、
 食べ物で言うと肉・魚・大豆製品・卵・乳製品などに含まれています。
 また、それらからケラチンの生成には必須アミノ酸も欠かせません。
 これは、小麦胚芽・ニンニク・大豆などに多く含まれています。
 
・海藻類
 海藻に含まれるヨウ素については、
 不足すると髪の毛のツヤが失われることもありますが、
 摂れば摂るほどツヤがUPするというものではありません。
 ヨウ素の過剰摂取は甲状腺の障害につながる場合もありますので、
 むしろ摂りすぎに注意しましょう。
 (昆布やワカメを日常的に摂取する日本人の食習慣においては、
  ヨウ素が不足することはまずないそうです。)
 
・血行促進
 いくら効果のある食物を摂っても、
 それがきちんと消化吸収され、必要な部分に行き渡らなければ
 意味がありません。
 また、血行が滞ると抜け毛が増えてしまうので要注意です。
 血行を促し、抜け毛を減らすのに効果的なのはビタミンEで、
 ナッツや玄米、胚芽米に多く含まれます。
 
・特にオススメなのは「ゴマ」
 ゴマには丈夫な毛を作るのに重要なL-シスチン等のアミノ酸が
 多く含まれます。他にもたんぱく質やミネラル、ビタミンなど、
 育毛に効果的な成分を網羅しているそうです!
 ゴマの中でも、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを含む
 黒ゴマがイチオシとのこと。
 ※ただし、ゴマはそのまま食べても消化されないので、
  すりつぶしたり、ペーストや胡麻和えにして食べましょう。

 

 
【まつげにダメージを与えない】
 
丁寧なメイクとクレンジングでまつげを大事にしましょう。
ここで言うメイクには、エクステや付けまつげも含むと考えてくださいね。

・エクステ
 安かろう悪かろうではなく、カウンセリングやアフターケアの
 しっかりした信頼できるサロンで施術を受けるようにしましょう。
 施術の度にまつげのコンディションも確認してもらい、
 必要があればいったんオフしてお休みすることも考えましょう。
 
・付けまつげ
 付け方と同じくらい外し方も丁寧に
 引っ張ってオフしたりしていると、
 付けまつげ用の接着剤で自まつげまで一緒に
 抜けたり切れたりしてしまうので十分に注意してくださいね。
 実際、ずっと付けまつげをつけている方のまつげをみると、
 部分的な抜け毛や切れ毛のある方が多いです。。。
 
・ビューラー&マスカラ
 ビューラーのゴムは 定期的に交換しましょう。
 マスカラやアイメイクがついたままになっていたりすると、
 雑菌が繁殖することもあり、とても不衛生です。
 マスカラも、使用するマスカラにあったクレンジング材を使い、
 決してこすらずやさしくオフするようにします。

 
【生活習慣やクセの見直し】
 
睡眠不足や偏った食習慣は、まつげにも良くありません。
健康で規則正しい生活はまつげだけでなく
美髪・美爪・美肌などのすべての基本になりますから、
まずは生活習慣も見直してくださいね。
 
また、忘れがちなのが日常的なクセ。
目をこすったり、まつげをひっぱったりする癖がないか
もう一度自分の仕草を確認してみましょう。
 
 
【あせらず育ててまつげ美人に】
 
今まで書いてきたようなことに気をつけ、
まつげを丁寧に扱う習慣ができれば、
必ず美しいまつげは復活してきます。
ただし、毛周期は1~3か月(個人差が大きいです)
今日から初めて明日キレイになるというものではありません。
効果のある食材をこまめに取り入れ、
丁寧なメイクとクレンジングに注意しながら、
気長にケアを続けてくださいね。


コメント

Comment

  1. ゆぅひまま より:

    Nicoさん、はじめまして!

    私のブログにご訪問&コメントして
    頂き、ありがとうございます(*´∀`)
    とっても、嬉しかったです!!

    私は、自まつ毛が短くって薄いから、
    ビューラーも使わないし、マスカラ
    オンリーなんです(汗)
    エクステとかも、1回しちゃうと、
    自まつ毛が無くなっちゃいそうで怖いし(;´Д`)

    自まつ毛を育てる事は、美肌にも
    繋がるんですね~!!
    もう、これ以上ボリュームUPは
    ムリかな?って思っていたけど、
    なんだか希望の光が♪♪

    果熟酵素、注文されてたんですね^^
    ほんとにほんとに、酵素ドリンクとは
    思えないほど甘くて飲みやすいです☆
    毎晩寝る前に飲むのが、すごく楽しみに
    なってます(*´∀`*)
    ピーチネクターにも似た味です!!

    ☆応援していきますね♪♪

    • nico より:

      >ゆぅひままさん
      コメントありがとうございます!
      こちらこそおいでいただいてとっても嬉しいです(^^)

      お客様にも自まつげが少ないのを
      気にされている方が多いですが、
      エクステをつけたりするのをきっかけに、
      まつげを大事にし始めると
      驚くほどまつげが増えたり丈夫になったりと
      変わってくることがよくあります。

      果熟酵素、楽しみです~。
      またゆぅひままさんのブログにも
      お邪魔させていただきますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る