キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > アンチエイジング > コーヒーポリフェノールの抗酸化力でシミ予防
ec-coffee

コーヒーポリフェノールの抗酸化力でシミ予防

気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

コーヒーが好きな方に朗報。

 

 

コーヒを1日2杯以上飲む人は、
それ以下の人よりも紫外線によるシミが少ないという
研究の結果があるそうです。

 

 

これはコーヒーに含まれるクロロゲン酸類という
ポリフェノールの一種強い抗酸化作用を持つため。

 

 

「抗酸化作用」といえば、
このブログでも何度もでてきている
アンチエイジングのキーワードですね。

 

 

「カフェイン」というイメージの強いコーヒーですが、
今日は抗酸化作用について注目したいと思います。

 

 

コーヒーの抗酸化作用

とは?

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【コーヒーに含まれるポリフェノール】

 

ポリフェノールといえば赤ワインや
チョコレートを連想する方も多いと思います。

 

 

実はコーヒーにもポリフェノールが豊富に含まれているんですよ。

 

 

100mlあたりに含まれるポリフェノールの含有量は
・赤ワイン:230mg
・コーヒー:200mg
・緑茶:115mg
となっており、
最も効率よく摂取できるのがコーヒーですね。

 

 

チョコレートはたとえばミルクチョコレート1枚(70g)に
650mgのポリフェノールが含まれているそうですが、
糖分や脂質、カロリーも高くなってしまうのが難点。

 

 

日本人を対象にした調査では、
実にポリフェノールの47%をコーヒーから摂取しているという
調査結果もあるそうです。

 

 

 

【クロロゲン酸類がシミを減らす】

 

コーヒーには「クロロゲン酸類」と呼ばれる
ポリフェノールが含まれます。

 

 

ここでちょっとシミができる仕組みについておさらい。

 

 

お肌が紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を傷つけることがあるので、
それを防ぐためにメラニン色素が作られるわけですね。

 

 

この時、表皮のケラチノサイト(角質層)から
色素を作り出すメラノサイトに「メラニン色素」を作れという
命令が送られるそうです。

 

 

そして、作られたメラニンが角質層に受け渡され
シミとして現れてしまうという仕組み。

 

 

クロロゲン酸類は、ケラチノサイトからメラノサイトへの命令と、
色素の受け渡しの両方をブロックしてくれるそうなのです。

 

 

 

【ポリフェノールの抗酸化作用】

 

また、ポリフェノールを取りいれることで、
その抗酸化作用により活性酸素が取り除かれます。

 

 

活性酸素が取り除かれれば、
シミができる仕組みが発動するのを減らすこともできますね。

 

 

ちなみに、ポリフェノール以外にも
β-カロテンやビタミンE、ビタミンCなどといった
強い抗酸化作用をもつ成分があります。

 

 

β-カロテンとビタミンEは細胞の脂溶性部分で、
ビタミンCは水溶性部分で抗酸化作用を発揮するのだそうです。

 

 

つまり、活性酸素を除去する領域が異なるのですね。

 

 

ポリフェノールはというと、
主に水溶性部分ですが、一部は脂溶性部分でも、
また細胞膜上でも抗酸化力を発揮してくれるのだそうです。

 

 

活性酸素のダメージをもっとも受けやすいのは
細胞膜の部分なので、お肌の抗酸化には
ポリフェノールがもっとも効果を期待できそうですね。

 

 

 

【コーヒーでポリフェノールを効率的に摂る】

 

 

ポリフェノールを摂取しても、
効果を保てるのは2~3時間と言われています。

 

 

ですから、2~3時間おきにポリフェノールを含むものを
摂取するのが良いということになります。

 

 

赤ワインをそんなに飲むわけにもいきませんし、
チョコレートもカロリー等を考えると難しいですね。

 

 

ポリフェノールの含有量やカロリーを考えると、
やはりコーヒーがもっとも効率的といえそうです。

 

 

1日に摂取するポリフェノールは1000mg~1500mgといわれますので、
コーヒーを4~5杯飲めば良いということになります。

 

 

同時に利用作用や脂肪燃焼作用のあるカフェインも摂れるので、
コーヒーは美容にもダイエットにも強い味方といえますね。

 

 

 

【こんな人は注意して】

 

妊婦さんや授乳中のママの場合、
1日にとって良いカフェインは200mgまでと言われています。

 

 

だいたいコーヒー1~2杯程度の量なので、
飲みすぎないように注意してくださいね。

 

 

また、子どもや持病のある方も
カフェインの摂りすぎには注意が必要です。

 

 

苦いのが苦手な方はカロリーも控えめな豆乳で
ソイラテにしてみるのもオススメ。
大豆イソフラボンやコラーゲンでさらに美肌効果UP

 

 

お腹の調子も整えたい方は、オリゴ糖をプラス。
コーヒーの抗酸化作用とオリゴ糖の腸美人効果で
お肌もお腹もキレイになりましょう、
甘さ控えめでコーヒーの邪魔をしないオリゴ糖

 

 

紫外線の強い季節、上手にコーヒーを取り入れて
シミを作らない、透明感のあるお肌を守りましょう。

 

 


↑↑
コーヒーを淹れに行く前に1clickお願いします♪


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る