キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > キレイに効く食材 > 春は桜、タンポポでキレイになる

春は桜、タンポポでキレイになる

2013年03月03日 [キレイに効く食材]
気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

三寒四温で体調もお肌もゆらぎがちな今日この頃。
寒い寒いと思っていたら今日は桃の節句ではありませんか。
うちは男の子なので、あまり意識していませんでしたが、
ママ友が桃の節句をお祝いしている写真をUPしているのを見て
「もう春なんだなぁ」なんて今さら思いました(^^;
 
今日は春の花「桜」と「タンポポ」の美容効果について
書いてみたいと思います。
 
 
【桜の美容効果】
 
春といえば、という感じの「桜」ですが、
桜の花のエキスには美容効果があるのをご存知でしょうか。
 
桜の花のエキスは、お肌の「糖化」を防いでくれるのです。

肌の糖化とは・・・。
 
糖を摂りすぎることで、体内のタンパク質や脂質が糖と結びついてしまい、
AGEs(糖化最終産物)という物質が生じてしまうことです。このAGEs化したコラーゲンは、お肌の弾力を弱め、シワを作ってしまうそうです!
さらにターンオーバーの周期にも影響を与えるといわれ、
くすみやタルミが酷くなったり、かさつきの原因になるなど、
お肌にとってはとても怖い現象ですね。

桜の花エキスに含まれるカフェオイルグルコースやケルセチングルコシドという
物質が、AGEsの産生を抑えてくれるのだそうです。
さらに桜の花のエキスには、美白や抗炎症効果もあると言われています。
コラーゲンの生成を促進してお肌のハリを高めたり、
シミ・そばかすの原因であるチロシナーゼを抑制したりと、
桜の花はまさに美肌の強い味方といえそうです。
 

↑↑ ポチっと応援していただけるととても嬉しいです♪


 
お花見などでよく知られるのは「ソメイヨシノ」ですが、
桜にはこの他にもたくさんの品種があり、
食用としては「関山」というものが有名です。
日本にはさくら餅をはじめ、お茶やお吸い物等の料理として
桜を食べる習慣がありますよね。
今年はお花見で見るだけでなく、食べるお花としても
さくらを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
 
【タンポポでデトックス】
 
春のお花でキレイになる、お次はタンポポです。
道端から「春がきたよ」と教えてくれるタンポポ、
実は栄養価の高いハーブの一種なんだそうですよ。
 
タンポポといえば、妊娠中からコーヒーの代わりに
タンポポコーヒーを良く飲んでいました。
これはタンポポの根からできているものですが、
葉っぱの栄養価がとても高いのだそうです。

タンポポの栄養とは・・・
 
緑黄色野菜として栄養価が高いとされる
ブロッコリーと比較すると、
・カルシウム:4倍
・ビタミンA:1.5倍
・ビタミンK:7.5倍
 
ほうれん草と比較して
・鉄分:2倍
・ビタミンB2:3倍
含まれています。
 
ほうれん草に含まれていないビタミンEや、
利尿効果の高いカリウムも豊富に含まれています。

デトックス効果が高いことがわかりますね。
 
私はまだタンポポの葉を食べたことがありませんが、
小松菜とほうれん草の間のようなお味だそうです。
グリーンスムージーに入れても美味しそうですね。
 
今年は道端でタンポポを見つけたら、
取っても良いところにあるものだったら
少し摘んできて食べてみたいと思います。


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る