キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > おすすめアイテム(商品別) > カイテキオリゴ > 赤ちゃんの便秘対策にもカイテキオリゴが効きました
ec-kaiteki

赤ちゃんの便秘対策にもカイテキオリゴが効きました

気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

先日の記事で、妊娠中はもちろん、
子どもの頃から便秘体質だったことを
カミングアウトさせていただきました(苦笑)
妊娠中の便秘について

 

 

実はもうすぐ2歳になる息子も
どちらかというと便秘体質。。。

 

 

旦那さんはどちらかというと
「お腹がゆるくなりやすい」タイプなので
腸内環境は私に似てしまった可能性大。

 

 

息子よ。。。母を許せ。。。

 

 

母乳(たまにミルク)しか飲んでいない頃から
便秘しやすかった息子、いくつかの対策をすることで、
最近は毎日スムーズになってきました。
腸内環境が整うとトイレトレーニングもスムーズに進められそうです。

 

 

赤ちゃんの便秘

に効いた対策とは??

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【赤ちゃんの便秘に即効!なのは「綿棒浣腸」】

 

母乳にはガラクトオリゴ糖が含まれているので、
腸内の善玉菌は自然に増えているはずなんです。
オリゴ糖の種類はこちらの記事をご覧くださいね。

 

 

ミルクのベビーより、母乳のベビーのほうが
便秘しにくいといわれているのもそのため。

 

 

でも、近年の欧米化した食生活や不規則な生活、昔より汚染された環境の中で
暮らしてきた私たちママの体は、知らないうちにダメージを受けているのだそうです。

 

 

それはすなわち、母乳の質が落ちている危険性もあるということ。

 

 

母乳育児なのに便秘がちな息子をみていると、
「私の母乳も質が悪いんかな?」なんて凹むこともありました。

 

 

この時なんですよね。
私の母に「Nicoと一緒やなぁ、
あなたも赤ちゃんの時から便秘で苦労したわ~」
と言われ
私自身も乳児期から便秘体質だったことを知ったのは。

 

 

もちろん、体質のせいばかりにはしていられません。
ウンチが出なくてウンウン苦しそうな息子をなんとかせねば!
と対策をいろいろ調べてみました。

 

 

大先輩である母が教えてくれたのは、
水分をしっかり摂らせることと、綿棒浣腸

 

 

調べていく中で、実は母乳のベビーでも便秘に悩む方が多いこともわかりました。
その対処方法についてはこちらの記事が参考になりました。
赤ちゃんの便秘について(魔法のおっぱい)

 

↑のブログにもある「綿棒浣腸」
うちの息子の場合にはとても有効で
ある時期までは本当によくやっていました。

 

 

最初はちょっと怖いけれど、中途半端じゃ効果なし。
思い切りよくやるのが成功の秘訣です^^

 

 

クセになることはありませんので、
赤ちゃんがウンチが出なくて苦しそうなら、
毎日行っても大丈夫だそうですよ。

 

 

あとは「砂糖水」の代わりに「オリゴ糖水」をあげたりしました。
これも結構効いてくれたのを覚えています。

 

 

なぜ、効くのか? その秘密はこちら。
赤ちゃんにも安心なオリゴ糖

 

 

 

【離乳食が始まってからの便秘対策】

 

離乳食が始まると、便秘になるベビーも多いですね。

 

 

これは、いろいろな食材を摂るようになって
母乳だけのときとは腸内環境が変わるから。

 

 

キレイな話ではありませんが、
便の色や臭いもだんだん大人のそれに近づきます。
(つまり、クサくなってくる・・・:汗)

 

 

もちろん、固形物を食べますから、以前より便も固くなります。
赤ちゃん時代から、便秘気味のお子さんの場合、
特にウンチが出にくくなるケースが多いようです。

 

 

でも、離乳食を食べる頃になると、
体も大きく成長していますから、自宅での綿棒浣腸では対処できません。
何日も出ないなど、便秘がひどい場合には小児科で浣腸をしてもらったり
お薬を処方してもらうこともあると思います。

 

 

できれば、そうなる前に、
食事と水分、母乳(ミルク)の摂り方や
生活リズムの中で改善できるのが理想的ですよね。

 

 

我が家では、
特に水分が少なくならないよう気をつけました。

 

 

小さな子どもの場合、「のどが渇いた」と自覚してからの
水分補給では遅いんですね。すでに体内では水分が不足しています。

 

 

季節や気温によって2~3時間おきなど、
ある程度、時間を決めて水分をあげるようにしましょう。

 

 

食べ物の消化にも水分は必要ですし、
特に汗をかく時期には、便秘かどうかに関わらず
脱水を防ぐために水分補給に気を配ることが大切になります。

 

 

また、この時期もオリゴ糖には助けてもらいましたよ。

 

 

私が妊娠中から愛用していたカイテキオリゴ
赤ちゃんが食べても大丈夫なものなので、
離乳食のお粥やスープにまぜてあげていました。

 

 

日本で一番売れている、信頼できるオリゴ糖
カイテキオリゴは赤ちゃんにも安心

 

 

味がほとんど変わらないし、
むしろほんのり甘みがつく程度なので
お砂糖を足すよりも素材の味を邪魔することがなくて助かりました。

 

 

クセになることはないそうなので、
毎日あげても良かったのかもしれませんが、
我が家では便秘になりそうになった時に、ピンポイントであげていました。

 

 

便秘になりそうなサインとしては、
・ウンチの間隔があいてくる
・おならが臭くなってくる
・お腹が張ってくる
などといったことが目安になりました。

 

 

ウンチのリズムが崩れると、ご機嫌が悪くなるのはもちろん、
離乳食をあまり食べなかったり、食べムラがひどくなったりします。

 

 

「食べてくれない」「食べムラ」は
ママの悩みやストレスにもつながってしまいますよね。

 

 

赤ちゃんもママもご機嫌に、
離乳食をスムーズに進めていくためにも、
親子で腸内環境を整えていきたいものですね。

 

 

アレコレ手を尽くしてもスッキリしない
乳幼児期の困った便秘に試す価値アリ!
↓↓



赤ちゃんにも安心なオリゴ糖

次回はトイレトレーニング期の便秘対策について書きますね。
便秘がトイレトレーニングを邪魔しているかもしれません

 


↑↑
トイトレ前に便秘は解消してあげましょう♪


コメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る