キレイなママの作り方

ワーキングマザーNicoの美容ブログ。酵素ファスティングでデトックス、シンプルケアでキレイを手に入れる!

キレイなママの作り方 > キレイになる話 > アンチエイジング > お酒を飲んで疲労回復とダイエットする方法
ec-amazake

お酒を飲んで疲労回復とダイエットする方法

気になる記事はシェアしていただけると嬉しいです。
 ↓↓

今日は美容とダイエットにいい
「お酒」のご紹介です。

 

 

ワイン?日本酒?

 

 

とご想像した方。残念ながらハズレです。

 

 

答えは・・・

 

 

 

「甘酒」

 

 

です。

 

 

先日の記事をお読みいただている方は
すぐにピンとこられたかも。
便秘解消と「酵素」の切っても切れない関係

 

 

私は子どもの頃からずーーっと甘酒が苦手だったので、
いろいろなところで「甘酒」という言葉をみかけても
あえてスルーしていたんです。

 

 

でも、この記事を読んで、
「甘酒パワー」に俄然興味が湧きました。

 

甘酒は便秘にも疲労回復にもいい(便秘解消スッキリブログ)

 

 

そして、自分でも酵素について調べたりするうち、
甘酒は、酵素はもちろん、「飲む点滴」と呼ばれるほど
栄養が豊富で美容やダイエットにぴったりの飲み物と知ってびっくり。

 

 

そんなわけで、私も飲まず嫌いを返上し、
日々のキレイと笑顔のために、甘酒を取り入れようと思ってます。

 

 

それでは「甘酒」のパワーを見ていきましょう♪
※ここで取り上げるのは「米麹」から作る甘酒です。

 

 

←応援していただけるととても嬉しいです♪

 

 

 

【その1:美と健康の強い味方!「酵素」の万能パワー】

 

酵素大好きなNicoとしては、やっぱり「酵素」について気になるところ。

 

 


■麹に含まれる酵素

 

麹には、3大消化酵素が含まれています。
デンプン質を消化して糖質に分解する「アミラーゼ」
たんぱく質を消化してアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」
脂肪を分解する「リパーゼ」

 

 

もし、あなたが便秘気味なら、
これらの消化酵素が不足しているのかもしれません。

 

 

甘酒を飲むと、消化酵素を補うことができますね。

 

 

胃腸がスッキリすることで、ダイエットにもつながりますし、
老廃物が体の外へ出ていけば、
吹き出物知らずのツルツルお肌になります。

 

 

 

【その2:麹酸(コウジ酸)で細胞レベルのアンチエイジング】

 

麹に含まれる「麹酸(コウジ酸)」という成分。
実は美容・美肌の強い味方なのです。

 

 

■抗酸化作用

 

アンチエイジングのキーワードといえば、「抗酸化」ですよね。
コウジ酸は細胞の新陳代謝を促してくれるとともに、
体内のコラーゲンやエラスチンを傷つける活性酸素を取り除いてくれます。

 

 

甘酒がアンチエイジングに良いとされるのは、
この抗酸化作用がとても強いからなんです。

 

 

■美白作用

 

コウジ酸はメラニンの生成にかかわる
チロシナーゼの働きを阻害してくれるので、シミやくすみを防止できます。

 

 

また、先にあげた強力な抗酸化作用も、
肌の透明感を保つことにつながっています。

 

 

 

【その3:「腸美人」になれて、毎日スッキリ、デトックス】

 

麹には食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれています。

 

 

3大消化酵素に食物繊維、オリゴ糖。
これらがすべて含まれる甘酒を習慣的に飲めば、
腸内環境を正常に保つ(=腸美人になる)ことができそうですね。

 

 

腸内環境が整うと、老廃物の排出も正常に行われるので
血液もきれいになりますし、他の内臓の働きも活発になります。

 

 

だるさやストレスも解消していくことにつながるでしょう。

 

 

 

【その4:まだまだある、甘酒のパワー】

 

アンチエイジング、美白、便秘解消のほか、
疲労回復やダイエットにも甘酒はオススメ。

 

 

その理由は・・・?

 

 

■豊富なビタミンB群で気になる脂肪にさようなら!

ビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群
脂肪の代謝を促してくれます。

 

 

■ブドウ糖やアミノ酸でバランスよく栄養補給&疲労回復

 

ブドウ糖や必須アミノ酸も豊富に含まれていますが、
これらは点滴に含まれる成分でもあります。
ビタミン群とあわせて、まさに「飲む点滴」ですね。

 

 

■栄養たっぷりなのにカロリーは控えめ

 

気になるカロリーですが、100gあたり81kcal程度だそうです。

 

 

以前ご紹介した「しみ込む豆乳」は125mlで87kcalなので、
100gに換算すると約70kcal。
また、牛乳100mlのカロリーが71kcal。
Nicoの健康管理に欠かせないしみ込む豆乳とは?

 

 

甘酒はトロっとした見た目からカロリー高そうですが、
点滴並みの栄養から考えると、意外に低カロリーと言えそうです。

 

 

ちなみに私が最近お取り寄せした美肌成分たっぷりのベルタ酵素は
100mlあたりのカロリーが143kcalとなっていましたよ。
プラセンタ・ヒアルロン酸・ザクロが入った「ベルタ酵素」なら
ダイエットしながら美肌になれる。

 

 

 

【その5:ファスティング(断食)にも使える】

 

・酵素たっぷり
・栄養も豊富
・美容効果も高い
・お腹にも良い

 

まさにキレイなママの味方である甘酒、
プチ断食にも充分使えそうですね。

 

 

注意していただきたいのは、
甘酒には「米麹」から作ったもの
「酒粕」から作ったものがあるということ。

 

 

どちらも栄養は豊富なのですが、
「酒粕」から作ったものは若干のアルコール分が含まれ、
甘みを出すために砂糖が入っている場合が多いです。

 

 

対して「米麹」を使用した甘酒は米麹本来の甘さがあるので
砂糖が加えられていない場合が多く、
ダイエットにはこちらのほうがオススメです。

 

 

私も、米麹を購入して自家製甘酒を造ってみましたよ。
米麹で甘酒を作ってみました~ヨーグルティアが大活躍~

 

 

 

【その6:子どもと一緒に乾杯できる】

 

パパやママが美味しそうに飲んでいるものは、
子どもも必ず欲しがるもの。

 

 

アルコールが入っていたら、
「一口飲んでみる?」というわけにはいきませんが、
米麹から作られた甘酒なら大丈夫。

 

 

栄養バランスの良いおやつとして飲ませることができますから、
おそろいのカップに入れて、楽しく乾杯しちゃいましょう。

 

 

 

【その7:暑い時期には冷やしてどうぞ】

 

ちなみに昔は夏の暑い時期に甘酒を飲む習慣があったので、
俳句では「甘酒」は夏の季語になっているそうです。

 

 

寒い時期の飲み物という印象がありますが、
梅雨や暑い時期のバテ防止に、冷やした甘酒もよさそうです。

 

 

私は恥ずかしながら冷甘酒を飲んだことがないので、
今年は家族でチャレンジしてみようと思っています。

 

 

というわけで、自家製甘酒を冷で飲んだレポートはこちら。
自家製甘酒で元気とキレイになれる、美味しい飲み方

 

 


↑↑
1clickで甘酒がもっと美味しくなります♪


コメント

Comment

  1. 甘酒パワーは思っていた以上ですね。
    私もこれまでは、あまり好きな飲み物じゃなかったのですが、
    少しずつとり入れて以降と思っています。

    ブログ紹介ありがとう♪

    • nico より:

      >えばらぎおば様

      コメントありがとうございます!

      ほんとに、甘酒恐るべしだと思いました(笑)
      さっそく取り入れないと、と思って
      お買い物リストに書き込んでいます(^^)

      米麹からの手作りもしてみたいですね。

  2. 先日はメール、ありがとうございます。
    そちらのお返事もあらためてさせていただきますね!

    実はわたしもnicoさん同様、甘酒が元々苦手だったのですが、麹で作った甘酒を2,3年位前にはじめて飲んで、美味しさに目覚めたりします。
    効果をしったのはあとからで、先に美味しいからスタートしました(笑)

    酵素のパワーにも、今やっと注目しはじめてるところなので、nicoさんのブログ、参考にさせていただきます。
    酵素断食、このところ、気になっていたので…。

    また、お邪魔させていただきます^^

    • nico より:

      >スギハラ食堂様

      コメント&メール、ありがとうございます!

      酵素断食、意外に辛くないので
      体調の良い時に1日から試してみられても^^

      スギハラ食堂様のブログを見て、
      ヨーグルティアが欲しくなりました。
      購入した暁には、これもレポートしてみたいと思っています。

      今後ともよろしくお願いいたします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

FXで斬る